楽しい美術



ひっかき(スクラッチ)

ひっかき(スクラッチ)とは
 ひっかき(スクラッチ)とは、あらかじめ下塗りした色の上に違う色を塗り重ね、その後、上の色を引っかいて削り取り、下の層の色を出す絵画技法のことです。



ひっかき(スクラッチ)の仕方
<用意する物>
  • クレヨン
  • アクリル絵の具(黒)
  • 画用紙
  • 新聞紙
  • ひっかくもの(爪、コイン、爪楊枝、平刀など)


<手順>
1.
 黒色以外の好きな色のクレヨンを使って、画用紙一面を塗りつぶす。なお、塗りつぶす際の色は何色使っても構わない。


2.
 新聞紙や指を使って画用紙に塗ったクレヨンを伸ばし、画用紙の白い部分を見えないようにする。


3.
 アクリル絵の具(黒)を少なめの水で溶いたもの、もしくは、クレヨン(黒)を使って、2.の画用紙を真っ黒に塗り上げる。


4.
 アクリル絵の具(黒)を使った場合は、画用紙が乾燥するのを待つ。

5.
 爪やコイン、爪楊枝、平刀などを使って画用紙をひっかいて、下地のクレヨン模様を出しながら絵を描く。


▲ページの先頭に戻る







   
inserted by FC2 system